マグノリアサロンコンサート 2017.12.9~23 逸翁美術館

マグノリアサロンコンサート 2017.12.9~23 逸翁美術館

を紹介します。

2017年12月9日(土)14:00開演(13:15開場)
出演
近藤 浩志/チェロ
河合 珠江/ピアノ
プロフィール
近藤 浩志(チェロ)
東京藝術大学、エコール・ノルマル、ブローニュ音楽院両校首席卒業。新日本フィルハーモニー交響楽団、東京ポップスオーケストラを経て、現在大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者。

河合 珠江(ピアノ)
大阪府立夕陽丘高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部卒業。これまでにピアノを上野真、K.ビリンスカの両氏に、チェンバロを亀谷喜久子氏、フォルテピアノをJ.トゥーマ氏に師事。
プログラム
ブラームス:チェロソナタ第1番 ホ短調 作品38
グリーグ:チェロソナタ イ短調 作品36

ほか


2017年12月21日(木)14:00開演(13:15開場)
※開演時間にご注意下さい
出演
吉野竜城/チューバ
関西フィルハーモニー管弦楽団 チューバ首席奏者
松尾京子/ピアノ
プロフィール
吉野 竜城
関西フィル首席チューバ奏者、TubamanShow、東京音楽大卒、田中真輔、R.Martinに師事。相愛大学講師。



松尾京子
大阪芸術大学演奏学科を首席卒業。2007年TOYOTAコンサート(ベトナム ハノイ)、2009年中之島国際音楽祭などに出演。現在はソロの他、室内楽などのアンサンブルピアニストとしても活動中。
プログラム
ヘンデル:ソナタ ト長調 HWV 363b
ほか

※曲目は予告なく変更することがございます


2017年12月23日(土・祝)14:00開演(13:15開場)
出演
石川 未央/ヴァイオリン
田口 友子/ピアノ伴奏
プロフィール
石川未央
2001年姫路市生まれ。
2歳からピアノ、3歳からヴァイオリンを始める。
第11回関西弦楽コンクール 優秀賞及び審査員受賞。
第3回岐阜国際音楽祭コンクール、第4回NAGANO国際音楽祭コンクール
第67回全日本学生音楽コンクール大阪大会、全て小学校の部第1位。
第69回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第2位。
その他多数受賞。
2016年姫路にて初めてのヴァイオリンソロリサイタルを開催。
これまでにピアノを小西淳子氏、ヴァイオリンを現在、辰巳明子氏に師事。
桐朋女子高等学校音楽科1年生
プログラム
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ
ほか

※曲目は予告なく変更することがございます




料金
1,000円(全席自由)
※未就学児の御来場はご遠慮ください



img353b.jpg
img354b.jpg












マグノリアサロンコンサート















スポンサーサイト

秋季特別展 古墳出現期の筑紫・吉備・畿内 2017.9.30~11.26 近つ飛鳥博物館

秋季特別展 古墳出現期の筑紫・吉備・畿内 2017.9.30~11.26 近つ飛鳥博物館


を紹介します。


  古墳時代がどのように始まったのか、なぜ奈良盆地に最古の大型前方後円墳が出現したのか、 この重要な課題については、これまでに政治的な記念物である古墳の出現やその動向を中心に、 さまざまな研究が進められてきています。しかし、奈良県や大阪府を中心とした現在の近畿地方に、 古墳時代の政治的な中心地が形成される背景については、依然として不明な点も多く残されています。 一方、集落遺跡に目を向けると、定型化した大型前方後円墳の出現に先立つ時期に、 列島各地で交流拠点と考えられる大規模集落遺跡が形成されていることが、これまでの調査・研究で明らかになりつつあります。 古墳出現に至るこの時期は、それまでよりも人々やモノの移動が活発となっていると考えられ、 それが定型化した前方後円墳成立の基盤となったとも考えられています。
  今回の特別展では、近年の発掘調査がしめす社会経済的な観点から、ヤマト王権出現の背景について改めて検討を加え、 古墳時代の始まりについて考えてみたいと思います。

≪内容≫
会期 平成29年9月30日(土)~11月26日(日)
会場 大阪府立近つ飛鳥博物館 特別展示室


img338.jpg
img339.jpg







秋季特別展 古墳出現期の筑紫・吉備・畿内 近つ飛鳥博物館















有元利夫展 ―物語をつむぐ― 大山崎山荘美術館 2017.9.6~12.10

有元利夫展 ―物語をつむぐ― 大山崎山荘美術館 2017.9.6~12.10


を紹介します。




 有元利夫(1946-1985)は、1978年に具象洋画の新人登竜門であった安井賞展において、《花降る日》でこの年のみの特別賞となった安井賞選考委員会賞を受賞。さらに81年の同展で大賞である安井賞を受賞し、将来に大きな弾みをつけました。しかしながらその4年後、この世を去ります。1975年の初個展開催からわずか10年の画業。38歳という芸術家としての大輪の花を開かせる途上のことでした。しかし、その独特の存在感あふれる絵画・版画などの作品は、多くの人に愛され、没後30年を経た現在、ますますその評価を高めています。

「風化したものは、僕にとっていつも美しく物語のある空間です。」と本人が語ったように、有元は洋の東西にわたるイメージを積極的に吸収して自身のなかで昇華させ、時間と場所を超越した自由な空間を作品の中に作り上げました。詩的な静寂につつまれたその作品世界は、今なお色あせることなく、観る者にそれぞれの物語を想起させます。
 本展覧会では、有元利夫の絵画をはじめ、版画や立体も含めた主要作品およそ50件をご紹介します。関西では10年ぶりとなる展観で有元利夫の多様な作品世界に触れ、作者が作品に託した希望、愉しみ、感動を分かちあい、美術と建築・自然が調和した環境のなかで深まる秋の時間をお過ごしいただければ幸いです。

※ 会期中展示替えを行います




img214.jpg
img215.jpg








有元利夫展 ―物語をつむぐ― アサヒビール大山崎山荘美術館















池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 LIVE IN TOKYO 2017 2017.11.25

池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 LIVE IN TOKYO 2017 2017.11.25


を紹介します。

あなたに届けたい、愛と官能のモダン・タンゴ!

池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団は、アストル・ピアソラの生み出した『Nuevo Tango』を、さらに今を生きる私たちの現代クラシック音楽のジャンル『モダン・タンゴ』として前進させ、ピアソラの楽曲からジャズのスタンダード、クラシックの名曲まで幅広くアプローチしている女子5人組です。

従来の木管五重奏からオーボエ・クラリネットをソプラノサックス2本に置き換えると、今までにない、艶やかで、華やかな音楽が生まれました!
「【クレモナ】を聴いてくださる全ての皆さまをしあわせにしたい!」その一心で、常に前進した、新しいステージでたくさんの皆さまにおもてなしできるよう、私たちは全力で音楽に取り組んでいます。


【出演】
フルート:森脇 佑季
ソプラノサックス:上野 舞子
ソプラノサックス:山本 桃実
ホルン:松田 あやめ
ファゴット:久保田 ひかり

12:00 OPEN/ランチタイム
13:30 PLAY


恵比寿アートカフェ・フレンズ





22090037_1337614809680816_6950573541428279753_n.jpg
22195403_1337614813014149_8090727351802462457_n.jpg








池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 LIVE IN TOKYO 2017















鳳凰伝 クリスタル タカラヅカ 宝塚歌劇 月組公演 梅田芸術劇場

鳳凰伝  クリスタル タカラヅカ 宝塚歌劇 月組公演 2017.11.17~19 梅田芸術劇場


を紹介します。



グランド・ロマンス
『鳳凰伝』
-カラフとトゥーランドット-
脚本・演出/木村 信司
「トゥーランドット」は18世紀の劇作家カルロ・ゴッツィ作の寓話劇であり、宝塚歌劇においては白井鐵造が1934年に作品化、1952年には春日野八千代による再演で話題を呼びました。2002年には、和央ようかと花總まりを中心とした宙組が21世紀版と銘打ち『鳳凰伝』—カラフとトゥーランドット—を上演。脚本・演出を担当した木村信司が、第12回社団法人日本演劇協会賞を受賞するなど、好評を博しました。それから15年の時を経て、珠城りょうと愛希れいかを中心とした月組全国ツアーメンバーが、高らかに愛の力を謳いあげる、壮麗でドラマティックな物語に挑みます。
ショー・ファンタジー
『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
作・演出/中村 暁
「ショーはイメージの結晶」というコンセプトのもと、“情熱の結晶”“虹の結晶”“夢の結晶”などのシーンで構成した、ダンスを中心にしたエネルギッシュなショー。宝塚歌劇が100周年を迎えた2014年に上演された、明るく躍動感溢れるこの作品を、珠城りょうを中心とした月組が全国ツアーバージョンとしてお届け致します。
全国ツアー



img231.jpg
img232.jpg

2017年11月17日(金)~19日(日)
梅田芸術劇場 メインホール






鳳凰伝
















池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 第4回定期公演 2017.11.14

池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 第4回定期公演 2017.11.14


を紹介します。

あなたに届けたい、愛と官能のモダン・タンゴ!

池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団は、アストル・ピアソラの生み出した『Nuevo Tango』を、さらに今を生きる私たちの現代クラシック音楽のジャンル『モダン・タンゴ』として前進させ、ピアソラの楽曲からジャズのスタンダード、クラシックの名曲まで幅広くアプローチしている女子5人組です。

従来の木管五重奏からオーボエ・クラリネットをソプラノサックス2本に置き換えると、今までにない、艶やかで、華やかな音楽が生まれました!
「【クレモナ】を聴いてくださる全ての皆さまをしあわせにしたい!」その一心で、常に前進した、新しいステージでたくさんの皆さまにおもてなしできるよう、私たちは全力で音楽に取り組んでいます。




20840636_1299350760173888_683388819357281501_n.jpg








池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団 ベガホールコンサート
池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団















 宝塚歌劇 雪組公演 ひかりふる路 2017.11.10~12.15 宝塚大劇場

 宝塚歌劇 雪組公演 ひかりふる路 2017.11.10~12.15 宝塚大劇場


を紹介します。

ミュージカル
『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』
作・演出/生田 大和
18世紀末、フランス。立ち上がった市民達によって達成され、現代を生きる人々の生活の礎ともなったフランス革命。宝塚歌劇においてもこれまで度々物語の題材として取り上げられてきたこの革命の中心人物の一人であり、理想に燃え、そして自らもまたその炎に焼かれた革命家マクシミリアン・ロベスピエール。
1791年9月14日。革命が始まって以来の宿願であった憲法が、ルイ16世によってついに承認される。国民議会議員として一大事業を為したロベスピエール達はパリ市民の歓呼の声に迎えられる。しかし憲法の承認は混迷する革命の、まだ序章に過ぎないものであった・・・
志を一つに共に立ち上がった仲間達との絆、運命的なロマンス・・・その青春を賭し、理想に燃えた青年が革命の頂点へと邁進する姿を通し、彼が掲げた「自由・平等・博愛」に込められた思いを紐解き、人類の歩むべき路を問いかける歴史ミュージカルです。
なお本公演は雪組新トップコンビ望海風斗と真彩希帆の大劇場お披露目公演となります。
レヴュー・スペクタキュラー
『SUPER VOYAGER!』
-希望の海へ-
作・演出/野口 幸作
「VOYAGER(ヴォイジャー/航海者)」をテーマに、望海風斗のトップスター就任と新生雪組の「船出」を盛大に祝福する颯爽絢爛なレヴュー作品。
豪華客船の出航をイメージした躍動感溢れるプロローグに始まり、「望(HOPE)」「海(OCEAN)」「風(WIND)」「斗(BIG DIPPER)」と新トップスターの名前にまつわる場面を中心に、未来への希望に満ちた場面の数々で構成。
望海風斗の男役の美学と新生雪組の魅力の全てを凝縮した究極のエンターテインメントにご期待下さい



img235.jpg
img284.jpg







ひかりふる路















神家の七人 宝塚歌劇 専科バウホール公演 2017.11.13~25 

神家の七人 宝塚歌劇 専科バウホール公演 2017.11.13~25 



を紹介します。



ミュージカル
『神家(こうや)の七人(しちにん)』
作・演出/齋藤 吉正

専科所属の芝居巧者を中心とした出演者でお届けする専科バウホール公演。これまでニール・サイモンの戯曲やギリシャ悲劇などを上演して参りましたが、今回は、丁々発止の出演者たちのキャラクターを存分に生かしたオリジナル・ミュージカル・コメディ『神家の七人』を上演いたします。

1945年9月。第二次世界大戦に母国の軍隊に参加し欧州戦線にその身を投じていたイヴァン・ターナーが、故郷のボルチモアに帰って来た。数ある生命の危機を乗り越え故郷に帰還した彼を待っていた悲劇は父の死であった。帰宅しすぐに父が起業した“ターナーズコーポレーション”の社長就任を余儀なくされたイヴァンだが、彼が受け継ぐその企業の実態は、ボルチモアに根を下ろす正真正銘のマフィアであった。正義心が強く困った人々を放っておけない優しい性格のイヴァンは、カンパニーの解散を示唆しつつ、神父見習いの道を選ぶ。亡き先代から「くれぐれも息子を頼む」と言われていた六人の幹部達も、イヴァンの後を追い、共に教会で不本意ながら“神の道”を目指すことになるのだったが…。  



img233.jpg
img234.jpg







神家の七人















慈愛の人良寛 ―その生涯と書― 岡山県立美術館 2017.9.29~11.5

慈愛の人良寛 ―その生涯と書― 岡山県立美術館 2017.9.29~11.5


を紹介します。


良寛(1758―1831)は詩歌・書に優れた托鉢僧で、越後(新潟県)出雲崎生まれ。 同地を訪れた備中(岡山県)玉島円通寺の国仙和尚に従って同寺に入り、十年余りの修行ののち諸国を行脚して帰郷。
生涯寺を持たず、名利にとらわれぬ生活を送り、清貧の中ですべての生けるものへの愛を失わず、子どもと戯れ、友と語り、和歌を、漢詩を詠み、書に興じた人でした。
本展では日本有数の良寛コレクター秘蔵の作品を中心としておよそ百五十点からその魅力に迫ります。



img216.jpg
img217.jpg







慈愛の人良寛 ―その生涯と書― 岡山県立美術館















ベルリン、わが愛 ブーケ ド タカラヅカ 宝塚歌劇 星組公演 2017.11.6まで! 宝塚大劇場

ベルリン、わが愛 ブーケ ド タカラヅカ 宝塚歌劇 星組公演 2017.9.29~11.6 宝塚大劇場


を紹介します。

ミュージカル
『ベルリン、わが愛』
作・演出/原田 諒
サイレント映画からトーキーへと移り変わる頃──。1920年代から30年代にかけて、ハリウッドと並ぶ映画の都として栄華を誇ったドイツ・ベルリンにも、ナチスが暗い影を落とし始めていた。そんな中、新しい娯楽作品を模索する男達は、ミュージカル映画こそ大衆が求めるものだと確信し、その実現へ向けて邁進していた。無名の踊り子を抜擢し撮影された映画は大成功を収める。しかし、プロパガンダとして映画を利用しようとするナチスの圧力は強まる一方だった。理想と現実の狭間で苦悩しながら、映画を愛した彼らが描いたシナリオとは…。
激動期のベルリンを舞台に、「映画」を愛した人間たちの姿を、運命的なラブロマンスを織り交ぜながらドラマティックに描き出すミュージカル。
タカラヅカレビュー90周年
『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』
作・演出/酒井 澄夫
90周年を迎えたタカラヅカレビューの伝統を紡ぐレビュー作品。世界巡りの形式で展開するバラエティに富んだ場面に、きらめく花の様に多彩な輝きを放つ紅ゆずるを中心とした星組メンバーの魅力を一杯詰め込んだ、豪華絢爛なレビューをお届け致します。




img229.jpg
img230.jpg







ベルリン、わが愛















FEMALE MONOLOGUE PLAY『穴』 2017.11.24~26 ステージカフェ下北沢亭

FEMALE MONOLOGUE PLAY『穴』 2017.11.24~26 ステージカフェ下北沢亭


を紹介します。



2017年11月24日(金)~26日(日)
下北沢亭



脚本  渋谷 悠
演出   神山 一郎
ヴァイオリン 池澤 卓郎
キャスト  原 陽子
      藍玉 祥世
      小林 郁香
      可児 菜穂子
      美紗央
      悠稀 智惠




あなたの中には
どんな心の闇がありますか?

顔で笑っていても
心では泣いているかもしれない。

激しい後悔に
襲われているかもしれない。

誰も、あなたの心の中はのぞけない。

心の穴をそっと埋めてみよう!!

そしたら、
何か…変わるかなぁ?

************************************
☆11/24~11/26公演☆

FEMALE MONOLOGUE PLAY『穴』

11/24(金) ×  ・19時~
11/25(土)15時~・19時~
11/26(日)13時~・17時~

下北沢亭にて
3000円 +1ドリンク500円

【予約】
①カタカナフルネーム ②日時 ③枚数
記載のうえ、お申し込みください。

★LINEの方
→https://line.me/R/ti/p/%40oeg2238j
ID検索→@oeg2238j

★メールの方
→chiedrama-ticket@yahoo.co.jp



2017-10-27T16 28 13-646db
2017-10-27T16 28 15-a84d8






徒然なるままに















火の山のマリア 2017.11.5 国立民族学博物館

火の山のマリア 2017.11.5 国立民族学博物館


を紹介します。

国立民族学博物館では2009年度から、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施しています。9年目の今期からは<人類の未来>をキーワードに、映画上映を展開していきます。今回はグアテマラ・フランス合作「火の山のマリア」を上映します。グアテマラの高地に暮らす17歳のマヤ人のマリアの運命を通して、現代社会における先住民族マヤの問題を知りたいと思います。

日 時:2017年11月5日(日)13:30~16:00(開場13:00)
場 所:国立民族学博物館 講堂
定 員:450名
※入場整理券を11:00から講堂前(本館2F)にて配布します。事前申込は不要です。
要展示観覧券(一般 420円)
主 催:国立民族学博物館




img324.jpg
img325.jpg









火の山のマリア















標交紀の珈琲の世界 2017.9.28~11.14 国立民族学博物館

標交紀の珈琲の世界 2017.9.28~11.14 国立民族学博物館


を紹介します。


かつて東京・吉祥寺に、伝説の自家焙煎咖啡店がありました。その名は「もか」。マスターの標交紀は、コーヒー豆の焙煎技術の探究にたぐいまれなる熱意を注ぎ込み、その生涯を捧げました。ついにはコーヒー文化の源流を求めて世界各地を旅して回り、コーヒー関連資料を収集します。
このたびみんぱくに寄贈された300点以上にものぼる「標コレクション」から厳選した約50点をもとに、中東からヨーロッパを経由して日本へ伝わり、標の手によって芸術の域にまで昇華された「咖啡」の世界を紹介します。




img332.jpg
img333.jpg








標交紀の珈琲の世界 国立民族学博物館















U-35 Under36Architects exhibition 2017 グランフロント大阪 2017.10.21 

U-35 Under36Architects exhibition 2017 グランフロント大阪 2017.10.21 


を紹介します。


「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2017」は、開催8年目となる今秋に大阪駅前・うめきたシップホールにて開催します。昨年末より若手建築家を対象として、これからの活躍を期待される35歳以下の出展候補者を、全国から公募で募り、日本を代表するひと世代上の建築家の中から本年は、建築史・建築評論家 五十嵐太郎氏による厳正な審査を経て、出展若手建築家による展覧会を開催します。また、優秀な展示作品を審査・選出し、Under 35 Architects exhibition 2017 Gold Medal賞 を授与しま す。本展では、これからの活躍が期待される若手建築家に発表の機会を与え、日本の建築の可能性を提示し、建築の今と未来を知る最高の舞台となるでしょう。

img212.jpg
img213.jpg







U-35 Under36Architects exhibition 2017















文化人類学と霊長類学 2017.11.4 国立民族学博物館

文化人類学と霊長類学 2017.11.4 国立民族学博物館


を紹介します。


国立民族学博物館開館および国立民族学博物館友の会発足以来、10年ごとに開催している記念事業「みんぱく大集合」を、40周年を迎える本年も開催します。「みんぱく大集合」は、会員限定の館内各施設の見学会などをとおして、民博の研究者の方々と友の会会員のみなさまがひろく交流することをとおして、日頃からご支援をいただいている会員の方々に民博の存在意義を再認識していただく機会です。今回の40周年記念事業では、館長による記念対談を開催し、会員のみなさまだけでなく一般の方々にも公開します。ぜひ会員でないご家族・お友だちをお誘いのうえご参加ください。

記念対談「文化人類学と霊長類学―人類文化の普遍性をさぐる」
公開 · 主催者: 国立民族学博物館友の会


2017年11月4日(土) 13:30 - 15:30

国立民族学博物館講堂



img326.jpg
img327.jpg







文化人類学と霊長類学















プロフィール

お得工房

Author:お得工房
どこにでもある「ご自由にお取り下さい」を紹介するため、おのぼりさんのように何でももらいうけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  コンタクトレンズ洗浄定番!

検索フォーム
  
ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR