ベルギー奇想の系譜展 2017.5.20~7.9 兵庫県立美術館

ベルギー奇想の系譜展 2017.5.20~7.9 兵庫県立美術館

を紹介します。

ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

怖いの?

楽しいの?

不思議なの?


 現在のベルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達してきた幻想絵画のカテゴリー。ヒエロニムス・ボスが描く悪魔や怪物のような異形のものたちは写実的で、「本物」と感じさせる迫真性に満ちていました。こうした独特な表現の伝統は時代が進むうちにカプリッチョ(奇想画)、象徴主義、シュルレアリスムと形を変え、今日のアーティストたちにも脈々と受け継がれています。
 本展では、ベルギーでつくり出された奇想の表現の流れを、15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートにいたるまで国内外のコレクションによって紹介します。ヒエロニムス・ボスやブリューゲルにはじまり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家など、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をたどります。


2017年5月20日[土]—7月9日[日]

休館日  月曜日

開館時間  午前10時~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
        入場は閉館30分前まで



ベルギー奇想のの系譜展_01
ベルギー奇想のの系譜展_02







ベルギー奇想の系譜展 兵庫県立美術館










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

お得工房

Author:お得工房
どこにでもある「ご自由にお取り下さい」を紹介するため、おのぼりさんのように何でももらいうけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  コンタクトレンズ洗浄定番!

検索フォーム
  
ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR