TAP THE LAST SHOW 2017.6.17 ロードショー

TAP THE LAST SHOW 2017.6.17 ロードショー


を紹介します。


夢見るのは、これからだ。


踊ること、
  夢見ること、
    生きること。



ショウビジネスの光と影、成功と挫折、
華やかなスポットライトと受け継がれる魂。
水谷豊が40年思い続けた夢が、ひとつの映画となった。

ハートウォーミングなキャラクターで見る者の心に光を射したかと思えば、屈折した青春像やアウトサイダーな人物を体現して影を残す。人間の陰と陽を巧みに表現する、希代のアクター・水谷豊。そんな水谷が、映画監督に挑戦するというニュースは、昨春、日本中に驚きをもって迎えられた。

本作の最初の構想が生まれたのは、水谷が20代の頃。その後、ブロードウェイで見たショウにショックを受け、言葉や文化の壁を超えて、足音で奏でる極上のエンターテインメント=タップダンスをモチーフにした、若きダンサーたちの青春ストーリーに思いを馳せた。それから40年の時間を重ねる中、実人生を舞台に、身をもって感じ考えたエンターテインメントに対する深い想いをこめて、本当に作りたいものと向き合う決意をした。
初監督作となる本作では、主演も兼ねて、作品を牽引する。水谷が演じるのは、栄光も挫折も嘗めつくしたカリスマ舞台人・渡真二郎。トップダンサーを夢見る現代の若者たちを、時にシビアなレッスンで鍛え、時には慈しみ見守りながら、極みへと引き上げていく。男の色気を纏った、ハードボイルドな主人公だ。

水谷監督のもとには、映画の枠組みを超えた、豪華なキャスト・スタッフが集結した。渡の盟友・毛利喜一郎を演じるのは、水谷が出演したTVドラマの金字塔『傷だらけの天使』から縁のある名優・岸部一徳。毛利がオーナーを務める老舗の劇場「THE TOPS」を献身的に支えてきた女性・松原貞代を、ミュージカル女優のパイオニア的存在である前田美波里が演じるほか、北乃きい、六平直政など、TV、映画、舞台と、日本のエンターテインメント界を縦横無尽に活躍する、唯一無二の個性と実力を兼ね備えた俳優陣が顔を揃えた。

渡に導かれ、ラスト・ショウを目指して奮闘する5人の若きダンサーには、本物のダンサーたちをキャスティング。4ヵ月間にもおよぶ大規模なオーディションで、500人を超える応募者の中から勝ち抜いた彼らだが、芝居経験はゼロに等しい状態だった。そんな彼らが、劇中のストーリーさながらに、素晴らしい役者へと成長する。若者たちが自らの限界を超えていくドラマティックな軌跡を、リスペクトして撮るのは、撮影監督・会田正裕。練達のキャメラマンの強烈な眼差しが、映画ならではの世界観を創り出していく。

フィクションを超えてしまうライヴのエッセンスは、この映画のハイライトとなる「ラスト・ショウ」にも反映されている。24分にもおよぶ圧巻のショウでは、水谷の豊かな才能が見事に花開く。壮大な音楽を手掛けたのは、水谷の歌手活動もサポートしてきた佐藤準。春夏秋冬をテーマに構成された圧倒的な楽曲で、ダンサーたちのパッションを解き放つ。タップダンスの監修振付には、ダンサーの心の音色に耳を傾けるフレッシュな表現方法で、タップの可能性を広げる日本を代表するダンサーのHIDEBOH。さらにスーパーバイザーとして“日本タップダンスの祖”と呼ばれた、故・中川三郎の愛娘にして後継者・中川裕季子が参加。このほか長年、水谷と共に国民的ドラマを手掛けてきた最強スタッフが、水谷監督の自由で大胆な作品世界をしっかりと支えている。

本作は、2016年4月から5月に掛けて撮影。約8ヵ月間に及ぶ緻密な編集と、音楽とタップ音にこだわったダビング作業を経て、完成を迎えた。
ラスト・ショウが始まる直前、渡は盟友・毛利にこう語る。
「夢を見るのはこれからだ」。

「ドキュメント」と「ショウ」と「映画」を感動でつないだ、まだ誰も見たことのない「世界」へ、今、観客を誘う。



TAP_01.jpg
TAP_02.jpg








TAP THE LAST SHOW










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

お得工房

Author:お得工房
どこにでもある「ご自由にお取り下さい」を紹介するため、おのぼりさんのように何でももらいうけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

  コンタクトレンズ洗浄定番!

検索フォーム
  
ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR